スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yurai live in aozora

YURAI Live in 美麻
6月29日 19:00スタート
料金 2000円(予約の方、チャイティーのサービスあります❤︎)
開場 18:00 カレープレート 1000円(要予約)
会場 大町市美麻9068-1 鈴木家(青空フーズ)
ご予約 0261ー29ー2831 / 080ー2212ー3831
今年はどんなメッセージを持って来てくれるのか楽しみ~!ユライファミリーの二胡とピアノ、ドラム、ギター、民族楽器、そして素晴らしいヴォイス。
古民家のお座敷で聴く、贅沢な音楽会。夕食にカレープレートもおすすめです。ご予約いただいた方に、チャイティーをご用意しまーす!
初夏の夜、ユライワールドへトリップ!
https://m.youtube.com/watch?v=-SkcSANOy1Y
スポンサーサイト

プライベート出産

昨日 プライベート出産の取材を受けました。
博士号の論文のテーマに 全国のプライベート出産の体験談を まとめるそうです。
産婦人科で長年 お産に携わり 現代の日本の産科のシステムに 疑問を 抱き 
再び大学院 修士課程経て 博士号とり 日本の産科のシステムに一石を 投じる使命
で動いているそうです。
これからの世代の為 
本当に 大切な事を 伝えるために
人生をかけて 真っ向から 立ち向かう姿をみて
僕自身の生き方を 改めて起動修正しようと 思いました。
長年 書き起こそうとしていた 
僕たちの自然出産 体験記を みなさんにシェアさせて頂きます。

私たちは 子供3人の お産は 自宅で 家族だけで 迎えました。
僕は それまで お産介助の 知識も経験も なく
マタニティという 言葉すら 知らなかった。
うらら (長女 現在14歳)
薬局で 妊娠しているかの検査薬を 買った
陽性反応
 ドキドキしながら  二人で病院に 行った
待合室の時間   周りの 妊婦さん夫婦が 妙に先輩に 見えた。
臨月位の 妊婦さんは 輝いて見えた。
始めてのお産という本を 読みながら 周りが気になってしょうがなかった。
順番が近づくと さらにドキドキして きた
さて、 僕も入っていいのかなど考えながら
聞いてみたら、 快く入らせてくれた。
検診が終わり 
ドキドキが絶頂に達した時
先生が パソコンの画面を見て  ポツリ
「何ミリです」(実際の長さは忘れた)
何か色々聞こうと思ってたことが
忙しそうなので 聞けない感じだった
結果は妊娠している だったんだけど
嬉しい気持ちになれなかった
命の誕生の神秘のかけらもなかった
検診の仕方 
機械だらけの病院の雰囲気
パソコンを見ている先生
この延長線上に 出産が 待っていると思うと
僕たちは どうしても、耐えられなかった。
体が 冷たくなるのを 感じた。
病院は 病気を 治すところ
お産は 病気では無い
と  心の中で つぶやいた。
それから 僕たちは
お産婆さんを探したけど
でもその時住んでいた 北海道 大滝村は 
選択肢が 総合病院しか 無かった。
嬉しいはずだけど
気分が 晴れなかった
そして 僕たちは 少しづつ お産の 勉強していき 
6ヶ月目位に 二人で 出産を 迎える決意をした。
病院には 内緒にして 検診だけ 受けさせてもらった
家族出産の事はごく一部の人以外は 内緒にしていた。
99% 反対される事は 分かっていた。
それを 押し切る自信もなく 時間が あれば お産の勉強をした方が良いと思っていた。
何せ 全くの素人だから、、、
その当時は 僕たちは ネット環境  携帯もなく 
アナログで 情報を 集めていた。
幸いにも 隣の有機農家さん夫婦も15年前位にプライベート出産されていて
色々 相談に乗ってもらった。
冬に羊の出産を 見においでと 声がかかり
始めて お産の現場を拝見した。
ポコポコ 生まれて来た
残念ながら 命が 絶えた 子羊もいた。
ある日 僕の父から メッセージと共に
3冊の本が送られてきた。
アクティブバース
自然に産みたい
水中出産
どれも プライベート出産に とって 教則本のような本だった。
二人は 本を読んで何度も泣いた。
これさえ、あれば 挑めると 確信をした。
いや 確信というより 覚悟を決めた。
どんな結果であれ 受け入れるという 覚悟
それから みゆきは 毎日毎日 歩いた。
二人で畑作業しながら お産の話をした。
帰ってから   
ヨガ 腹式呼吸    瞑想
そして 僕は お産介助の勉強した
お産介助の プロ向けのビデオも 取り寄せた。
果たして 僕は 気絶してしまわないのかと 思う位
動画で見るとショッキングだった。
慣れないといけないので そのビデオを テープが 擦れるくらい見た。
臨月に 近づくと 緊張感と不安感 安心感 が 入り混じり
それを 隠すように ひたすら 掃除をした。
四つん這いの 床吹きが いいと聞き
 チリ一つない位に きれいに なった。
空気が 澄んでいくのを感じた。
鳥の声
風の音
洗濯機の音
トラクターの音
が 妙に大きく感じた。
日常の中のお産
それが 僕たちが 選んだお産スタイル
正しいも 正しくないも無い
自分達が決めた道だから
次回は 長女 出産編です。
最後まで読んで下さり
ありがとうございました。
 
鈴木洋介

ライブのオシラセ

今年の春より 鷹狩山の管理業務を委託されて 毎週 金土日と山におります
管理といっても、たいした事はありません。
日々の暮らしとは 全く違う時間が流れているので 有難く堪能させてもらってます。しかし仕事もしないといけないので、晴れの日は みゆきが 屋台に入って 軽食など、販売させて頂いてます。




そこで、タカカリ山頂トーク&ライブイベントのお知らせです。




ナイロビ在住24年、東アフリカ最大のスラム、キベラの奥深くに子どもたちの駆け込み寺
「マゴソスクール」を作った早川千晶さんをお招きし、孤児、浮浪児、極度の貧困、労働、虐待など、
過酷な状況下で懸命に生き抜いてきた子どもたち、そして彼
らのいのちの輝きがあふれる歌についてお話を伺います。
アフリカ、そして貧しくもたくましい子どもたちの現状に関心のある方、奮ってご参加ください。



ゲスト・メッセージ
私は子どもの頃から、この世界はなぜこんなに不公平で矛盾に満ちているのかと思い悩み、
大学生になってからすぐに旅に出ました。世界中の様々な国を歩き、アフリカに出会い、ケニアのナイロビに
定住して24年になります。子どもたちから話を聞いていると、私たちが生きるこの世界の構造や、カラクリが見えてきました。
私たちは次世代の人々にどんな地球を手渡していけるのか。この美しい地球を美しいままで、より良い明日を未来の人々に
手渡していきたい。子どもたちと共に作る地球の未来。地球の命をより輝かせていくために、いま私たちができること。
共に考えていきましょう。




ゲスト・スピーカー:早川 千晶(はやかわ ちあき)
1966年福岡生まれ。ケニア在住24年。世界放浪の旅の末、ケニアに定住。
キベラスラムで駆け込み寺「マゴソスクール」(生徒数388人)、
ミリティーニ村でジュンバ・ラ・ワトト(子どもの家)を運営(児童数30人)。
日本全国各地でアフリカトーク&ライブのツアーを行っている。
ミュージシャン・大西匡哉と共に音楽を通じてアフリカのコミュニティ
に利益をもたらすCD制作、ドキュメンタリー映画「マサイのいま~伝統 と変化のはざまで」、マゴソスクールの子どもたちと共に「マゴソTV!」を制作。

早川千晶さん


アフリカントーク&ライブ

6月30日 3時より

トーク 早川千晶
ライブ 近藤ヒロミ (親指ピアノ)
大西マサヤ(アフリカンドラム)
場所 鷹狩山頂エコーハウス
大人 1500円 (チャイ付き)
子供 無料
問い合わせ 0261-29-2831 鈴木
後援 大町市教育委員会



千晶さん プロフィール
http://keepmusic.exblog.jp/i4
近藤ヒロミ YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=rkUPKFoVd3s
大西マサヤ プロフィール
http://keepmusic.exblog.jp/i2

お座敷ライブのおしらせ

インド 祈りの音と舞

踊り * あみちゃん
タブラ * サイトウ尚登くん
エスラージ * ラタくん

12月1日
18:00 open. 19:00. start

エントリー ¥1800
青空カレー ¥1000
チャイ ¥200

2012年も残すところ1か月となりました。忙しくとも感謝の多い師走ですね。
日々のお仕事にごほうびの、インド舞踊と音楽のライブを企画しました。毎年来てくれる、ガンガーサンガでおなじみのあみちゃん、今回はどんなライブを見せてくれるのでしょうか!
青空農園の新米玄米ごはんや、今年採れた小麦粉のチャパティー、大根と水菜のしゃっきりおいしいたっぷりサラダ、車麩のマリネ、野沢菜漬けに、お楽しみフライも付いたカレーセットも
ぜひ、ご賞味下さい!
お土産用のオーガニックもち米、玄米もち、玄米ぽんも、販売予定です!合わせてご注文も承ります。とっても美味しいですよー!
ライブ終了後は、おつまみ持ち寄りで、忘年会、感謝祭をかね、ゆっくり過ごしませんか?初めて出会う方もご一緒に、どんな夜になりますかお楽しみに!
お泊りできます。(ライブの日限定1000円、寝袋ご持参下さい)

















青空屋台のおうち
大町市美麻9068
0261-29-2831










ねずみを捕獲 今年5匹め
事情聴取のアヒル君









今年最後の農作業 野沢菜の漬物作り
野沢菜を漬ければ 年が越せると近所のおじいちゃんが言ってました
冬が楽しみデス




カモって 片足で寝るんだ!

お米












餅米の収穫
稲刈りをしていると 幸せになってきます。














お金はないけど 米はある



























思いおこせば
























芽が出て















種まきして




















この時が 稲の性格が決まるそうです
できるだけ 低温で ゆっくり じっくり
























その頃

















ウーファーが 10羽 来てくれました


























田植えの準備














今年の苗は 根が長い















ついつい



田植えが終わったもんで



















頼んだよー
















夕方 鴨を 小屋にしまうために 餌で 操る タオくん





















全員 小屋に
鴨くんの おうちは苗箱で



























































色んな思いが詰まって 幸せな時間


























米の出来で その冬の テンションが決まります









今年はサイコー





















もうすぐ 収穫祭

ありがとう 鴨くん













アースディ大町に 出店してきました。















うらら達は、初屋台出店









ピザ屋台











ピザ200円
くじ引きで当たりだと2枚








こころ達は友達の泰平とクッキーつかみ取り 200円で出店
それぞれ完売して
うららたちは、7000円
こころたちは 2000円 の売り上げ

子供達も自立の第一歩











小麦のワラ 赤カビ ごみ取り作業中





















製粉作業中















粗めに ふるいをかけて




















イベントでピザを売ってパリに行くそうです




















今年のチャパティ小麦
おととし 乾燥があまかったので
カビ菌が繁殖して とてもたべられなっかったので、念入りに 乾燥
最後まで気が抜けない チャパティ小麦












雑木 4トン 注文しました
クレーンの運転手さんの
見事な 操縦ぶりに 感動してしまいました

















五竜のお地蔵様














冬に スノボードで 滑っていたときは
高山植物がいたなんて 想像もつきませんでした










鴨と稲





今日 幸と子供3人 北海道に里帰りに
行きました













行ってらっしゃーい
僕は 鴨の世話があるので、留守番です
トホホ....














今日は 八坂の畑の 麦刈り
タイミングは バッチリでした









今日は ミネカタスキー場の山頂でハイキングランチをお届け












白馬の山々












帰ってきて はるゆたか小麦の収穫
雑草をもうちょい取っておくべきデシタ


















脱穀作業を手伝う 息子












お座敷live








Ema&慧奏 live

7月17日(火)
青空屋台のおうち
5時開場
7時開演
Ema&慧奏 live 2000円
青空カレープレート 1000円
チャイ 200円
Zakone. 1500円














弾く・・・というよりは、唄う、弓。
すべての音に溶合う、ピアノ。
永い旅を織りなす、地球の民族楽器。
そして、その Rythm 。
ジャンル無し。枠無し。
敢えて言うならば、
『えま&慧奏』という、ジャンル。











慧奏






~ Piano・Synth・民族打楽器 etc

ピアノをメインに、オーバートーンヴォイス(倍音歌唱法)や循環呼吸など独特な奏法や、先住民族のスピリチュアルな伝統楽器と石や木から成る自然素材のオリジナル楽器なども演奏する。その多才さと精神性の高いプレイは、シーンの中でも際立つ存在としてあり続ける。

'87年には、自己のグループ「Silent Pulse」で、モントルー・ニュージャズ・フェスティバル(スイス)に出演する。'91年、ダンス公演「アマミシネリ」の音楽担当として、沖縄・ローマ・パリ・ギリシャ公演をツアーする。

風の楽団~Wind Travelin' Band のメンバーとして、えまと共に、グラストンバレー・フェスティバル(イギリス)や、アメリカ西海岸ツアーなど国際的に活動を展開しながら、広くアーティストとの交流をもち、多数のユニットに参加。

もっとより良い世界へと心を向ける人々との間で、音楽イベントやアルバムの制作・プロデュースにも携わる。













Ema






~ うた・二胡・etc.


この世のあらゆるものをウタに聞く。

Aurora Voice と称される唄声。
そして、中国の二胡をはじめオリジナルの月弓など、
弓奏楽器を独自のアプローチと奏法により
「もうひとつの声」として、唄う。
その倍音を強く生かした奏法は、胡弓の概念を越え、
弦楽器の原点と未来を紡ぎだしてゆくよう。

『えま&慧奏』はじめ、伝説のバンド『風の楽団』、
他沖縄・奄美の 島唄との共演等、沢山のアーティスト達との
コンサート・レコーディングに参加し、ビジュアルアートや
イベントプロデュース、他アーティストのサウンドデザインを
手がけるなど広く活躍する異色女性アーティスト。



Wonderful Earth - Ema&Esoh えま&慧奏



























久しぶりに八坂の畑に行きました













麦の間の草刈りしました。


















だいぶ色ずいてきました
麦の収穫は 2週間後くらいかなー
毎年 梅雨明け間際の収穫なので
タイミングがむつかしいんです
遅れると 種が芽を覚ましたり
カビにやられたり、 タイミングで機械が故障したりと
ソロソロ ヒヤヒヤの時期デス


















トウモロコシ























たかきび


























大豆












シャロムヒュッテの530市 にカレー&穀物屋台出店に行って来ました

















撮影 鈴木うらら
プロフィール

Author:鈴木洋介
信州 美麻で カレー茶屋 屋台業を営みながら、百姓をしています。
その日暮らし的な日記をかいていきます。
訪問ありがとうございます


青空カレー 季節の玄米菜食
ランチ ケータリングのご予約

ナチュラルケーキの御注文
チャイセット ガラムマサラ

有機無農薬自家栽培穀物類
玄米餅 もち粉 玄米コーヒー
そば米 そば粉 そば茶
全粒小麦粉 麦茶
タカキビ モチキビ
雑穀各種ポンがし
トュルシー茶
ハーブ各種
販売(注文を受けてから
加工します。)

ワークショップ各種
古民家宿泊体験お泊り会
自宅出産 移住計画相談
青空流リフォーム受付
ボランティアスタッフ募集

お問い合わせは
メール(ホームページから)
TEL FAX 0261-29-2831

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。